NEWS

ニュース

ABOUT

変革の時を迎えているファッション業界。
この状況に立ち向かう、勇気と志を持った未来の
ファッションデザイナーを発掘し、称え、
そして育みます。
人の想像力には、力があります。
良くも悪くも活かせるその力で、私たちはどのような現実をつくり出していけるでしょうか。
気候危機、パンデミック、戦争という現実を前に、ファッションが成せることはなんでしょうか。

 

本プログラムは、勇気と志を持った未来のファッションデザイナーを発掘し、称え、そして育む事が、ファッション業界だけでなく社会全体が良い方向へ変化していく原動力となると考え、2021年に創設されました。
年齢を問わず、ファッションデザイナーとして新たな一歩を踏み出したい方を募集します。
ファイナリストに選ばれた方には、ソーシャルレスポンシビリティ(社会的責任)とクリエイティビティ(創造性)を併せ持つ衣服のデザインを具現化していただき、様々なジャンルのサポーターやアドバイザーからの学びの機会や、技術サポート、そして、作品発表の機会を提供していきます。

 

人類は衣服を創り、纏うことで様々な発展を遂げてきました。
衣食住のうち、衣だけは、人類だけが持つものなのです。
だからこそ、衣服のこれからを考えることは、人類のこれからを考えることと等しいのです。
FASHION FRONTIER PROGRAMは、共に考え、共に未来を創っていく同志を募集します。

 

発起人 ファッションデザイナー 中里唯馬

FASHION FRONTIER PROGRAMは、5つのプログラムが1つになった新しい学びの場です。
01 | AWARD AWARD これからのファッションを定義する場

ソーシャルレスポンシビリティについて考え、美しさを体現し、評価される機会の提供。独自の視点と多様なバックグラウンドを持つ審査員とのインタラクションを通してこれからのファッションのあり方を考えます。

02 | INCUBATION INCUBATION 活動をサポートする場

様々なジャンルのサポーターやアドバイザーから学びの機会や、制作に必要な素材や技術者からの補助やアドバイス、さらには作品発表の機会とメディアでの発信など幅広いサポートをファイナリストに提供することで、才能を育んでいきます。

03 | SCOUTING SCOUTING 未来の才能に光を当てる場

年齢・職業・経験値は問わず、ファッションデザイナーとして新たな一歩を踏み出したい方に光が当たる機会を生み出します。また国内のファッションに関する教育機関、高等学校などから才能ある人材を発掘します。

04 | MATCHING MATCHING 化学反応が生まれる場

クリエイティビティ、ソーシャルレスポンシビリティへの意識、プレゼンテーション能力、ビジネススキルなど、デザイナーとして活躍するための素質を持ったファイナリストと企業、ファイナリスト同士など、新たな出会いが生まれる場となります。

05 | LAB LAB アイディアを発展させる場

選ばれた8名のファイナリストは、任意でラボに参加することができます。ラボはプログラムと並行して行われ、様々なプロジェクトが継続的な学びの場となり、アイディアを発展させていくことができます。

プログラムスケジュール
5月30日~7月20日
募集期間
審査の視点は下記に記載しています。ご応募の際には応募方法に記載の記入例をご参考ください。
8月上旬
ファイナリスト選抜
8名のファイナリストが選ばれます。
※東京都内にお集まり頂く必要があるプログラム実施の際、遠方にお住まいの方には交通費を支給予定です。
8月~11月(審査通過者のみ)
インキュベーション期間
選ばれた8名には、多様な専門家によるアドバイス、制作費10万円、素材や専門家の紹介、オンデマンド講座の提供、テーマ毎の月に1度のディスカッション、新国立美術館での展示の機会が提供されます。
12月
最終審査・受賞者発表
受賞発表イベントにて、最終審査で選ばれた3名の方に賞が付与されます。
受賞者の特典
・翌年度のインキュベーションに参加することができます
・翌年度の受賞者発表のイベントにて作品を発表することができます
2023年1月~
ラボへの参加
選ばれた8名のファイナリストは、任意でラボに参加することができます。ラボはプログラムと並行して行われ、様々なプロジェクトが継続的な学びの場となり、アイディアを発展させていくことができます。
対象者
独自のアイディアにソーシャルレスポンシビリティの視点を交えて、ファッションのフロンティアを開拓するような志を持つデザイナーを対象とします。
年齢・職業・経験値は問いません。
応募方法

1. こちらから応募要項・応募マニュアルをご確認ください。
2. 応募ボタン「ENTRY」から、フォームへアクセスしてください。
3. 必要事項をフォームから提出してください。(2022年7月20日締切)
・エントリーシート
・過去の作品や実績 A3サイズ2枚(10MB以内)
・企画書 or デザイン画 A3サイズ2枚(10MB以内)
※希望者は、任意で追加の資料をフォームから提出が可能です。(郵送不可)
※応募にはGmailアカウントが必要です。アカウントがない方は事前に作成ください。
ご質問・問合わせ先:contact@ffp.jp

審査の視点

多岐に亘る視点から深く考え、ご自身のロジックやストーリーでクリエーショ ンを提出していただくことを期待しています。
以下に、その視点の例を挙げさ せていただきます。

社会的責任
Social Responsibility

透明性の担保

  • トレーサビリティー(追跡可能性)
  • トランスペアレンシー(情報開示)

多様性・包摂への視点

  • ジェンダー
  • サイズ展開と表記
  • ユニバーサル設計

自然環境への配慮

  • 水資源
  • 化学物質の管理
  • カーボンフットプリント
  • エネルギー調達
  • ゼロウェイスト
  • 生分解性
  • 生物多様性

循環型システムへの視点

  • リペア
  • アップサイクル
  • オープンループリサイクル
  • クローズドループリサイクル

労働環境への配慮

  • 労働者の権利
  • 児童労働・強制労働の撤廃

動物福祉への配慮

  • 動物虐待
  • 飼育環境
創造性
Creativity

創造性の観点

  • 美しさを定義できているか
  • 過去に無い新しさか
  • 唯一無二であるか
  • タイムレスなデザインか
よくあるご質問
応募方法は?
FASHION FRONTIER PROGRAMのホームページに記載のGoogleフォームよりご応募ください。
応募条件は何ですか?
応募条件は一切ございません。経験・年齢を問わず、新たな時代に向けたクリエーションの実現を志す方、皆さまにご応募いただければ幸いです。
応募できない対象者はいますか?
基本的には皆さまご応募いただけます。反社会的勢力と関わりのある方についてはご応募を控えていただけますと幸いです。
応募に費用はかかりますか?
費用はかかりません。任意で送っていただく書類に関しては送料をご負担ください。
複数エントリできますか?
可能です。同一アイディアでのご応募は一度に限ります。

JUDGING COMMITTEE

既成概念の枠を超えた美とソーシャルレスポンシビリティの両立を考える多彩な審査員
ジャンルに捉われない、多彩な方々を審査員にお招きし、ファッションとしての喜びを最大限にしながら、服を作る本当の意味を考え、何を、どのように評価していくべきか、多角的な議論を促します。

LABORATORY

FASHION FRONTIER PROGRAMでは、プログラムを通じて、関わる全ての人に学びの視点とその過程を共有し、ファッション業界におけるソーシャルレスポンシビリティについてのディスカッションを促進することで、高いレベルでクリエイティビティとソーシャルレスポンシビリティが共存するファッションの未来を目指します。
FINALIST
審査を通過し、FASHION FRONTIER PROGRAMに参加された方を紹介します。
COMING SOON
KNOWLEDGE
ファッションとソーシャルレスポンシビリティに関する情報や知見をお届けします。

WHO WE ARE

FASHION FRONTIER PROGRAM実行委員
株式会社YUIMA NAKAZATO
中里 唯馬
足立拓巳
一般社団法人unisteps
鎌田 安里紗
竹村 伊央
泉 惠介
Spiber株式会社
大島 圭裕

SPONSORS

SUPPORTERS

審査員やスポンサー・協力企業の表記順序は50音順です。

NEWSLETTER

最新情報をお届けします。